2009年07月13日

子供のレーシック手術の気になるお値段

メガネを嫌がる娘の為に、視力矯正に最大の効果を得ることができるレーシック手術の気になるのはお値段を調べてみました。

レーシック手術の費用は、レーシックの種類によって異なりますし、病院によってかなり開きがあるようです。

マイクロケラトームとエキシマレーザーを使用した従来の一般的なレーシック手術の費用は、15万円〜50万円と言われています。

検査費用は別としている医院もあり、8,000円までが目安だそうです。

最新の技術をオプションとして盛り込む医院もあるそうです。

ウェーブフロントレーシックは、10〜20万円が目安です。

ウェーブフロントレーシックなどの、最新技術を取り入れている医院は多くないそうです。

病院を訪問する前にインターネットのホームページなどでじっくり調べ、自分に合った病院を選んで下さい。

最新技術で高ければより効果が得られるというものではないので、自分の症状と期待する効果を考慮し、自分に最も合った治療方法を選びたいですね。

まずは、最初のカウンセリングの段階で必ず検査回数と費用に関してしっかり確認しましょう。
posted by アイ at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | レーシック

2009年07月10日

レーシック手術と子供

子供の眼の眼軸はまだ成長段階にあるので、大人よりも短い状態になっているそうです。

成長するにつれて、近視のような変化をしていくことになりますので、一見すると視力が落ち着いているように見える場合でも、毎日少しずつ視力は変化していっていて、大人になるまでにその変化の幅がどれくらいのものになるのか予測がつきにくいのだとか。

しかし、近視にならないよう生活習慣を考えるのは、子供のうちからしておきたいこと。

レーシックでは、眼の角膜を削ってしまうので、これから視力が成長とともに変わるかもしれない子供の眼に手術を施すことはできません。

眼球の成長もある程度止まり、視力も落ち着く18歳を過ぎれば、レーシック適応年齢となり手術が安心して受けられます。

ただし、18歳から20歳未満の方がレーシックの手術を受けるためには、保護者の方の同意書(承諾書)が必要になります。
posted by アイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック

2009年07月08日

レーシックは18歳以上? 2

基本的にレーシックは18歳以上でなければレーシック手術を受けることはできません。

レーシックの手術を受けることで視力の回復を見込むことができる条件を満たしていることが必要になってきます。

レーシックを受けるための条件は角膜の厚みなどいくつかありますが、年齢的なものもそのひとつに挙げられます。

子供に受けさせたいと思っても、レーシック手術はある程度眼の視力が落ち着くまで手術を受けることができないそうです。

子供は眼球も成長を続けています。

近視や乱視が進行する恐れがあるので、レーシックの手術を子供が受けるのは危険かもしれません。

子供の眼球自体は8歳くらいで成人とほぼ同じ大きさにまで成長すると言われていますが、成長するにつれて、眼は遠視もしくは正視に近い状態から、近視の状態へと変わってくるそうです。

原因として、ゲームや本や細かいものなどを暗い場所などで見ることなどによって、目が悪くなっていったということだけではなくて、子供が大人に成長していく途中で、誰もが眼軸の成長によって経験することだそうです。
posted by アイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック

2009年07月06日

レーシックは18歳以上? 1

うちの子はメガネをかけることを異常に嫌がっています。

インターネットでレーシック手術を知りました。

しかし、レーシックの適応年齢は18歳以上で、現在はレーシック手術の適応年齢は、だいたい18歳から60歳までと眼科で説明してくれるそうです。

18歳以上でも未成年の場合、保護者の承諾が必要です。

特別な場合として、競馬の騎手・競艇の選手・自衛隊生徒など視力が必要な試験を受ける18歳未満の方や、高齢の方でも適応検査で眼に問題がなければ手術を行う場合もあるそうです。

18歳未満の方に施術を控える理由は、もちろん体の発育がまだ完全ではないため、手術を受けたあとに近視が進むこと可能性があるからだそうです。
posted by アイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック

2009年07月03日

遠視とレーシック

遠視のお子さんを持つ親御さんの中には、遠視の治療に悩んでいる方がたくさんいると思います。

遠視は成長に伴い改善されますが、強度の場合放置してしまうと弱視や斜視の原因になります。

遠視の治療は、矯正トレーニングや眼鏡などの他に、「レーシック」や「イントラレーシック」などの手術も行われます。

遠視とは、遠い近いに関係なく焦点が合っていない状態をいいます。

遠視は幼児に多いものですが、通常は成長に伴い徐々に改善されるか、行き過ぎて近視になります。

遠視は遺伝的要素が強いそうですが、個人差が激しいものです。

そのため、強度の遠視の場合は、「イントラレーシック」など手術を含める治療が必要になるそうです。

近年では「レーシック」という矯正手術をよく聞きます。

子供がメガネを嫌がり、困ったことはありませんか?

「レーシック手術」には2種類あり、普通のレーシック手術とイントラレーシック手術の2種類があります。

レーシック手術とイントラレーシック手術の違いは、レーシックは角膜を切開するときに金属製の刃を使うのに対し、イントラレーシックはレーザーメスを使うそうです。

イントラレーシック手術は、レーシック手術において大きな関門であった角膜切開を、レーザーで行うことで施術の精度を上げます。
posted by アイ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック

2009年06月18日

超音波治療器『アイパワー』とは?

超音波治療器 アイパワーは、人間の視力の完成するは6歳以上であれば使うことができます。

高齢者の方でも安心して使うことができます。

超音波治療器 アイパワーは、近視を治すのではなく調整の異常から近視が強くなることを阻止する効果が期待できます。

近視は、ゲームに夢中になる・TVを近くで見るなどの環境で、目を酷使している場合になってしまう事が多く、眼精疲労を併殺している可能性があります。

そのような場合、超音波治療器 アイパワーは効果を発揮します。

しかし、軸性近視などの目の形状の問題である場合、超音波治療器は眼球の形状の形状を変化させるものではないので直接的な効果はありません。

軽いほど効果が高いことは事実ですが、強度の近視と診断された方に視力改善がみられたケースも多数あります。

ただし、軸性近視などの目の形状の問題である場合には、超音波治療器は眼球の形状を変化させるものではないので、直接的な効果はないようです。
posted by アイ at 07:00| Comment(295) | TrackBack(1) | 視力回復

2009年06月15日

超音波治療器 『アイパワー』の効果と使い方2

乱視とは先天的・後天的に角膜や水晶体といったレンズの部分が球形ではなく楕円形になることで生じる屈折異常です。

後天性のものでは、無理に遠くを見ようとしたり、長時間の近見作業などの偏った目の使い方が原因となることがあります。

視力が低下すると、乱視が入ってしまう方が多いようです。

超音波治療器 アイパワーは乱視に有効なケースが多いようです。

また左右の視力の開きが大きい人って案外いらっしゃるのではないでしょうか?

超音波治療器 アイパワーは、そんな方にも効果はあるし、逆に超音波治療器 アイパワーをお勧めしたいケースだそうです。

超音波治療器 アイパワーの超音波は、片目に当てるともう一方の目に対しても効果が及ぶということが立証されています。

見えにくい方の目にこだわらずに、両方の目に当てることを習慣づけていけば、左右の視力にバランスが取れてくることに期待が持てるそうです。

不同視には、遠視や乱視に起因するものがあったり、幼小児期では弱視の原因になることもあるので、まずは眼科の検診を必ず受けましょう。
posted by アイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

2009年06月12日

超音波治療器『アイパワー』の効果と使い方1

超音波治療器 アイパワーは、病院で処方される薬と同じで、「いつまでに回復する。」「必ず効果が出る。」とは 断言できないそうです。

アイパワーの使用頻度(使用の習慣づけ)、目を休ませるような運動を心がける、目を酷使しない、という3点の程度によっても回復期間が違ってくるようです。

しかし、毎日やらないとダメということではないようです。

習慣や日課のようにして超音波治療器 アイパワーを続ける方がぐっと治療効果は出てきます。

超音波治療器 アイパワーは1日に10分間、片方の目にだけ超音波を投射するのが基本の使い方です。

次の日にはもう片方の目を10分というふうに、左右を1日交代で行います。

なぜ片目ずつ1日交代で行なうのには理由があります。

視神経は交差神経で、脳で交差していることから、互いに影響を与え合います。

片目に超音波を投射することで、もう一方の目に作用があります。

そのため、片方ずつ1日交代で超音波を投射した方が良いとされています。

1日に両眼に5分ずつ計10分投射する方法でも問題はないようです。

posted by アイ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復

2009年06月10日

超音波治療器『アイパワー』と電磁波の違い

超音波治療器 アイパワーと電磁波は全く異なるものです。

超音波治療器 アイパワーの超音波とは、人間の耳が聞き取れる高音域の限界(20キロヘルツ)を超える周波数の音のことを言います。

指向性が高く、高解像度である超音波の特徴を生かして、推進測定・魚群探知・医療診断などさまざまな用途に使われています。

電磁波は、電流の流れや、電場と磁場の変化によって生じる波のことで、ガンマ線・X線などの放射線・紫外線・可視光線・赤外線・電波など波長によって呼び分けられ、健康に害を及ぼすものもあります。

超音波治療器 アイパワーは、マイクロマッサージで目の疲れがとれていきます。

超音波の微細な振動で優しく眼の筋肉をもみほぐしてくれます。

点眼薬を使っている方にも問題なく超音波治療器 アイパワーを使うことができます。

ただし、ものもらいや結膜炎などの目の病気の場合は、超音波治療器 アイパワーの使用を中止しましょう。

超音波が病気を悪化させる可能性があるようです。
posted by アイ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 視力回復

2009年06月09日

超音波治療器 「アイパワー」

娘の視力が低下したのは、2年生の春からでした。

学校の定期検診で紙をもらってきたのがキッカケです。

私も主人もメガネはかけていないので、かなりのショックを受けました。

眼科の先生に「成長とともに著しく視力が低下する」と聞き、何かいい方法がないかなぁ?と思っていた時に通販で知ったのが「超音波治療器 アイパワー」です。

視力回復センターのようなところに通わなくても済み、自宅で10分間就寝前に手軽にできるというのが購入した1番の理由です。

今使い始めて1年ぐらいになりますが、劇的な効果はありませんが、視力の低下が普通の段階より緩やかだと眼科の先生に言っていただきました。

「超音波治療器 アイパワー」は、俗に言う「仮性近視」の頃に利用すると視力回復につながる率が高いようです。

使い心地ですが、瞼にあてると震動があたり気持ちいい感じでした。

ただ思ったより重いので、持っているのが大変な気がしました。

娘も持っているのが疲れてしまうと言っています。

「気休め」と言われればそれまでなのですが、もう少し様子を見ながら続けさせようと思っています。
posted by アイ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復