2009年07月08日

レーシックは18歳以上? 2

基本的にレーシックは18歳以上でなければレーシック手術を受けることはできません。

レーシックの手術を受けることで視力の回復を見込むことができる条件を満たしていることが必要になってきます。

レーシックを受けるための条件は角膜の厚みなどいくつかありますが、年齢的なものもそのひとつに挙げられます。

子供に受けさせたいと思っても、レーシック手術はある程度眼の視力が落ち着くまで手術を受けることができないそうです。

子供は眼球も成長を続けています。

近視や乱視が進行する恐れがあるので、レーシックの手術を子供が受けるのは危険かもしれません。

子供の眼球自体は8歳くらいで成人とほぼ同じ大きさにまで成長すると言われていますが、成長するにつれて、眼は遠視もしくは正視に近い状態から、近視の状態へと変わってくるそうです。

原因として、ゲームや本や細かいものなどを暗い場所などで見ることなどによって、目が悪くなっていったということだけではなくて、子供が大人に成長していく途中で、誰もが眼軸の成長によって経験することだそうです。
posted by アイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック